線型回帰トレンドの見方

線型回帰トレンドの見方を解説します。

線形回帰トレンドは、レートの散らばりの合計を最小化する「回帰直線」と呼ばれる線を引いて判断されるテクニカル指標です。
回帰直線の傾きが上向きで上昇トレンド、下向きで下降トレンドと判断されています。
レートの動きが緩やかだと回帰直線の傾きも緩やかになり、レートの動きが激しいと傾きも激しくなります。
またバンドの幅は、レートに動きがない時は中心線と±2σとの幅が狭くなり、動きのある時は拡大します。

一般的な売買サインとして、
レート上昇時、レートが中心線を上に抜いて上方推移する時が買いサイン
レートが下降時、レートが中心線を下抜き下方推移する時が売りサイン、と判断されています。

線型回帰トレンド

線型回帰トレンドの見方のポイント

  • レートが±2σを抜けるときは、これまでのトレンドが変化していると判断できる
  • トレンドの有無や、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかが、一目で見てとれる便利な指標

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 19通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする