MACD(マックディー)の見方

MACD(マックディー)の見方を解説します。

MACDとは、移動平均線を使って短期トレンドの変化を分析するテクニカルチャートです。
EMA(指数平滑移動平均線)の、短期線と中期線の平均値と、シグナルと呼ばれるラインで分析を行なっていきます。

かんたんに言うと、MACDとシグナルが近づいたり離れたりする動きを、0軸を中心に数値化したもので、上昇トレンドだとMACDも上昇するが、それに対してシグナルがどう動いていくかを見て判断します。

以下画像は緑色の線がMACD(短期EMA=12、中期EMA=26)で、シグナル(青)=9、と一般的な数値で設定しています。

MACD
売買サインは、
MACDが0(ゼロ)より下で、シグナルを下から上に抜けたときが買いサイン
MACDが0(ゼロ)より上で、シグナルを上から下に抜けたときが売りサインです。

MACDの見方のポイント

  • 0(ゼロ)の上で上昇トレンド
  • 0(ゼロ)の下で下降トレンド、との見方もできる
  • 上下の一定方向に動くトレンド時がいちばん効果的
  • サインの出るタイミングがすこし遅いという弱点がある
  • ゼロの近くはサポートにもレジスタンスにもなるが、ダマシが多いので、ほかのオシレーター系と併用されることが多い

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 19通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする