FXの通貨「日本円(JPY)」の特徴

日本

国名 日本
首都 東京
人口 1億2805万人
通貨
GDP 535.1兆円
主要貿易国 輸出:中国、アメリカ、韓国
輸入:中国、アメリカ、オーストラリア

日本円の特徴

  • 米ドル、ユーロに続き、3大メジャー通貨のひとつとして知られ、アメリカ経済の影響(とくに金利変動)に対して大きく反応する
  • 輸出大国なので、世界中の景気が良くなれば円高に、悪くなれば円安に進んだりと、景気に連動して動く性質がある
  • 超低金利国なので、円キャリートレードと言い、高金利な資源国通貨との金利差益(スワップポイント)を狙う手法が知られる

日本円の取引ポイント

  • 円安にはゆっくりと進むが、円高には一気に短期間で進む傾向があり、極度の円高になると日本銀行が円売り介入することが多い
  • 日本人にとって最も身近な通貨であり、情報収集しやすいこともあって、ドル/円の組み合わせは初心者におすすめ
  • 為替差益を狙った短期売買のほか、資源国通貨でスワップポイントを狙う、中~長期売買にも向いている

日本の主要経済指標

経済指標名 発表時期 日本時間 重要度
日銀金融政策決定会合 毎月 08:50 ★★★☆☆
機械受注 毎月/中旬 08:50 ★★★☆☆
消費者物価指数 毎月/下旬 08:30 ★★☆☆☆
完全失業率 毎月/月末か月初 08:30 ★★★☆☆
GDP(国内総生産) 四半期 08:50 ★★★☆☆
日銀短観 4、7、10、12月/上旬(12月のみ中旬) 08:50 ★★★★☆