資本金、口座数、自己資本規制比率など安全性でFX会社を比較

FX会社を安全性で徹底的に比較しました。

安全性や信頼性でFX会社を選ぶポイントとして、資本金や口座数、自己資本規制比率、上場などさまざまな観点から比べています。

FX会社名 資本金 口座数 自己資本
規制比率
信託保全先 決算
公開
上場 公式サイト
GMOクリック証券 43億4666万3925円 466,630
(2016年12月末)
497.0%
(2016年9月末)
三井住友銀行
みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
日証金信託銀行
口座開設
外為オンライン 3億円
(平成26年12月10日現在)
443,793
(2015年度)
704.1%
(2016年11月末)
三井住友銀行
みずほ信託銀行
口座開設
外為どっとコム 7億7,850万円
(2017年3月末)
452,633
(2017年8月末)
1096.5%
(2017年6月末現在)
三井住友銀行
みずほ信託銀行
あおぞら信託銀行
口座開設
DMM FX 98億円 非公開 867.2%
(2016年9月末)
日証金信託銀行
SMBC信託銀行
口座開設
FXトレード・フィナンシャル 3億5千万円
(2016年3月末現在)
66,334
(2016年11月末)
427.8%
(2016年11月末)
ドイチェ信託株式会社 口座開設
FXプライム byGMO 1億円 169,523
(2016年11月末)
676.8%
(2016年11月末)
みずほ信託銀行 口座開設
FXブロードネット 3億円
(平成21年4月21日)
167,642
(2014年12月末)
675.3%
(2016年11月末)
三井住友銀行 口座開設
ヒロセ通商 7億9411万8千円
(平成21年4月21日)
193,995
(2016年11月末)
320.5%
(2016年9月末)
三井住友銀行 口座開設

正確な情報提供を務めておりますが、詳細は各社の公式サイトでご確認下さい。

自己資本規制比率とは?
自己資本規制比率とは、FX会社の財務の健全性を測る重要指標のひとつ。
短期間の価格変動リスクにどれだけ対応できるか、という判断の目安になります。
この比率は高いほど健全性が高く、金融商品取引法で120%以上を保つことを義務付けられています。

信託保全とは?
信託保全とは、トレーダーの資産(保証金)と、FX会社の固有の資産と分けて管理するために、トレーダーの保証金を信託口座にて管理することで、現在完全義務化とされております。
この信託保全があることによって、トレーダーは安心して取引することができます。

安全性でおすすめのFX会社

GMOクリックホールディングスのグループ会社であるGMOクリック証券は、資本金・口座開設数が多いので、極めて安全性が高いFX会社だと言えます。

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 19通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする