スワップポイントでFX会社を比較【2017年1月】

スワップポイントでFX会社を徹底的に比較しました。

スワップポイントとは、低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことによって加算される金利差益(スワップ金利)のこと。

この付与されるスワップポイントを狙った取引手法をスワップトレードと言い、FXではレバレッジを低く運用すれば、外貨預金感覚でローリスクにスワップポイントの受け取りができるため人気のある手法です。

高スワップの会社であることはもちろん、取引期間が長期になるので、安全な会社でレバレッジを抑えてトレードすることが大切です。 また、スワップポイントは日々変動しますが、高く設定されているFX会社は常時高水準となっています。

※各社の1万通貨単位あたりの買いスワップを記載。(南アフリカランド/円は10万通貨)

FX会社名 米ドル
ユーロ
ポンド
豪ドル
NZドル
ランド
トルコ
公式サイト
外為オンライン 30円 0円 10円 45円 50円 50円 口座開設
外為どっとコム 20円 -10円 10円 25 42円 70円 56円 口座開設
DMM FX 33円 3円 20円 45円 55円 130円 口座開設
GMOクリック証券 35円 2円 25円 42円 47円 130円 口座開設
FXトレード・フィナンシャル 28円 9円 17円 46円 48円 90円 60円 口座開設
FXプライム byGMO 28円 0円 3円 40円 42円 150円 90円 口座開設
FXブロードネット 30円 -8円 12円  40円 52円 80円 口座開設
ヒロセ通商 1円 35円 1円 50円 60円 150円 115円 口座開設

固定スワップポイントが断然有利!

スワップポイント目的の取引ならヒロセ通商がおすすめです。

通常は日々変動するスワップポイントですが、豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円の3通貨ペアを「固定スワップポイント」として、終了期間未定で提供をしています。

※1万通貨単位あたりのスワップポイント

ヒロセ通商はランド円、豪ドル円、NZ円のスプレッドが固定

スワップポイントは相場動向によって変化しますが、ヒロセ通商なら安定的なスワップポイントの受け取りが可能です。

スワップポイントおすすめのFX会社

ヒロセ通商

ヒロセ通商
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 1,000通貨単位
通貨ペア 50通貨ペア

ヒロセ通商は業界最狭水準の低スプレッドのFX会社で、売買回数が多いスキャルピングにおすすめです。通貨ペア数は50通貨ペアと非常に多く、豪ドル円とNZドル円の買いスワップは固定で提供されていますので、スワップトレードにも向いています。1,000通貨単位に対応し、取引手数料が無料なので、少額から始めることも魅力。

今なら、ポンド円10lotの取引だけで1万円キャッシュバックキャンペーン中!

口座開設をする