スワップトレードとは?

FXの取引手法、スワップトレードについて解説します。

取引手法「スワップトレード」

低金利の通貨円などを売り、高金利の通貨(オーストラリアドル、ニュージーランドドルなど)を買うことによって生じる金利差益(スワップ金利)を数ヶ月から1年以上の長期で狙う取引手法です。

毎日のスワップポイントを得ていく手法なので、なんといってもスワップポイントの高いFX会社を選びましょう!そして取引期間が長期間になるため、1~3倍とレバレッジを低く抑えることが取引のポイントとなります。

また長期運用になるので、安全性や信頼性の高いFX会社で取引することが大切です。

高スワップポイント+安全性がポイント

注文してから決済するまでが数ヶ月~数年と非常に長期間になるので、低スプレッドにこだわる必要全くはありません。
金利差益を狙う狙う取引手法なので、高スワップポイントの会社を選ぶことがもっとも重要です。

そして長期運用において、安全性や信頼性を見るものさしとして、自己資本規制比率があります。現在では、完全信託保全と区分管理によって各FX会社の安全性は非常に高いと言えます。自己資本規制比率の高いFX会社を選ぶことで、より高い安全性で長期運用できます。