ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方を解説します。
ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーさんが考案した、移動平均線の統計学を取り入れたテクニカルチャートです。

トレンド系でもめずらしく、逆張りにも使える指標です。中心の移動平均線の上下に標準偏差のバンドを表示して、相場の判断をします。

データが平均値を中心にどのくらい散ってるかの数値を、σ(シグマ)という単位で表され、移動平均線の上下の線が±1標準偏差(1σ=シグマ)、さらに外側の上下の線が±2標準偏差(2σ)となります。

レートがσのにどのくらい収まっているかの確率は、

  • 1σ~−1σの範囲の確率 = 68.3%
  • 2σ~−2σの範囲の確率 = 95.5%

と考えられ、±2σからはみ出た残り4.5%が異常値であり、売買のポイントに使われています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの見方のポイント

  • ボリンジャーバンドの基本的な見方として、上昇トレンド時は上の2σ、下降トレンド時は下の-2σに注目する
  • ±2σに接近したら売買判断の目安にする
  • 上の2σに接近で売りサイン、下の-2σに接近で買いサイン、と判断
  • ±2σを突き抜けた時は、売られすぎ、買われすぎと判断し、相場転換の目安にする
  • バンドの形も重要だと言われていて、バンドが拡大している時は、強いトレンドが発生しているので逆張りには注意
  • 逆にバンドの幅が狭い時は、相場もみ合いで逆張りが有効的
  • またバンドの幅が小さくなる時は、急上昇(下降)する可能性が高くなるので注意
  • ストキャスティクスを一緒に使って判断することも多い指標

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 20通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする