DMI/ADX(ADXR)の見方

DMI/ADX(ADXR)の見方を解説します。

DMI/ADX(ADXR)とは、市場の方向やトレンドの強さを判断するテクニカル指標で、4つの線で構成されています。

  • +DI=上昇トレンド
  • -DI=下降トレンド
  • ADX=トレンドの強さ
  • ADXR=ADXのN日平均(N日とは任意の日にちのこと)

一般的な±DIを用いた売買サインは
+DIが-DIを下から上に抜いたら買いサイン
-DIが+DIを下から上に抜いたら売りサイン、となってますが、これだとダマシが多いのでADXを併用していきます。

ADXはトレンド発生時は上昇し、トレンドが終わると下降するので、トレンドが反転するタイミングの判断に利用できます。

つまり、
+DIが-DIを下から上に抜き、ADXが-DIを下から上に抜いて買いサイン
-DIが+DIを下から上に抜き、ADXが+DIを下から上に抜いて売りサイン、と判断するほうがダマシが少ないです。

また、ADXがADXRを下から上に抜いたときは勢いのあるトレンド時と判断でき、
ADXがADXRを上から下に抜いたときは勢いがなくトレンドがない状態と判断できます。

以下は「+DI」=14、「-DI」=14、「ADX」=14、「ADXR」=14と一般的な数値で表示してます。
DMI/ADX

DMI/ADX(R)の見方のポイント

  • DMIはトレンドには強いが、もみ合っている相場では+DIと-DIが頻繁にクロスしてしまい、判断しにくいこともある
  • ADXでトレンドの強弱だけをみるという使い方もできる
  • ADXが上昇時には、トレンドがあるとして、トレンドに合わせて売買をする
  • ADXが下降時には、もみ合い相場として、オシレーター系で逆張りの売買をする

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 20通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする