移動平均線/実践乖離率の見方

移動平均線/実践乖離率の見方を解説します。

一定期間の移動平均線からどのくらい乖離(離れているか)しているかを確認し、レートが移動平均から大きく乖離することで相場の上げ止まり、もしくは下げ止まりを判断するテクニカル指標です。
見方としては、移動平均線からの離れ具合で「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断します。
相場の過熱感やトレンド転換のタイミングを計る為に使用することが一般的です。

  • レートが移動平均線から大きく上に離れて、乖離率もプラスに大きく変動したら売りサイン
  • レートが移動平均線から下に大きく離れて、乖離率がマイナスに大きく変動したら買いサイン

移動平均乖離率

移動平均線/実践乖離率の見方のポイント

  • また過去の乖離率が±3%の範囲で推移していたとき、乖離率が+3%付近で反転したら売りサイン、-3%付近で反転したら買いサインと判断することもできる
  • レートと移動平均線が緩やかに並行して動くとき、乖離が広がらずに乖離率は横ばいになるので、あまり有効的ではない
  • 移動平均の期間によって乖離率が変わってくるので、いろいろ試すのがおすすめ

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 20通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする