RCIの見方

RCIの見方を解説します。

RCIとは時間と価格の相関性から売買の判断をするテクニカルチャートです。
オシレーター系のテクニカル指標ですが、トレンド系の性質もあるため、順張りにも使えます。

RCIは±100%の間で動きますが、毎日価格が上昇すれば+100%に近づき、逆に毎日価格が下落すれば-100%に近づいていきます。
一般的には+80%以上で買われすぎ、-80%以下で売られすぎと判断されます。

価格に沿って上下するため、RCIが上がりきってピークを過ぎて下がり始めてから売り、下がりきってピークを過ぎて上がり始めてから買い、と判断されてます。またその時に、あまり上昇や下降せずに±805以下で反転した場合も売買のポイントになります。

  • -100%近辺で「短期線」が「中期線」を下から上に抜けて買いサイン
  • +100%近辺で「短期線」が「中期線」を上から下に抜けて売りサイン

以下の画像は、一般的に使われている短期線=9、中期線=26、長期線=52で表示しています。

RCI
RCIの見方のポイント

  • 持っているポジションが買われすぎ、売られすぎになってきたから決済との見方もでき
  • 期間を短くし過ぎると、ダマシも増えるので注意する
  • 期間を長くしすぎると、RCIがチャートの動きからからやや遅れる傾向がある
  • チャートの上昇、下降が続くと、上下ともに張り付いて横ばいになる
  • 0以上の推移で上昇、0以下の推移で下降トレンドと見ることができる
  • 強いトレンド発生時には順張りの考え方が有効的
  • ダマシが多いため、他のテクニカル指標と併用するのがおすすめ

初心者におすすめのFX会社

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 19通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする