FXの通貨「スイスフラン(SWF)」の特徴

スイス

国名 スイス
首都 ベルン
人口 746万人
通貨 スイスフラン
GDP 4,946億ドル
主要貿易国 ドイツ、ユーロ

スイスフランの特徴

  • スイスは永世中立国であり、政治的な中立性によって、流動性は低いものの世界で最も安全な通貨として知られる
  • 有事のスイスフランと呼ばれ、テロや紛争時の避難先通貨として買われる
  • 世界第4位の金保有国ということもあり、金価格と連動性のある通貨といえる
  • 最大輸出国がドイツで、9割がユーロということもあり、米ドルや円に対しては、ユーロとの連動した値動きをすることで知られる

スイスフランの取引ポイント

  • 値動きは安定的なため短期売買には不向きだが、レート変動時は売りからも入りやすい
  • 日本円と同じく非常に低金利なので、高金利通貨を買い、スイスフランを売って、スワップポイントを狙うやり方が一般的
  • 値動きが穏やかな通貨なので、中期の分散投資目的としても用いられる

スイスの主要経済指標

経済指標名 発表時期 日本時間 重要度
消費者物価指数(CPI) 毎月/上旬 14:15 ★★☆☆☆
SVME購買部協会景気指数 毎月/上旬 16:30 ★★☆☆☆
失業率 毎月/上旬 14:45 ★★☆☆☆
貿易収支 毎月/下旬 15:00 ★★☆☆☆
KOF先行指数 毎月/下旬 18:30 ★★★☆☆
GDP(国内総生産) 四半期 14:45 ★★☆☆☆
政策金利 3、6、9、12月/中旬 15:30 ★★☆☆☆