GMOクリック証券に突撃取材、評判の秘密に迫る!

GMOクリック証券に取材
業界トップクラスのスプレッドや、高機能アプリで何かと話題のFX会社「GMOクリック証券」にFXマート編集部が2013年3月某日、評判の理由を探りに取材に行ってきました。
当日はFXマートの取材に対して、とても丁寧に答えて頂きました。それでは、どうぞご覧下さい。

↓GMOクリック証券のオフィスがある、渋谷のインフォスタワーに行ってきました!
GMOクリック証券があるビルの外観

↓社内は非常に洗練されている様子が伺えます。それでは取材開始です!

Q1.まずはじめに、Forex Magnates社の調べで2012年のFX年間取引高が世界第一位でしたね。おめでとうございます。

A1.どうもありがとうございます。これもひとえに当社で取引いただいているお客様のお陰です。今後もお客様のために、良い取引ツール、安定したシステムなど、よりよい取引環境を提供し続けたいと考えています。

Q2.取引量の多い通貨ペアを教えて下さい。

A2.2012年秋以降は米ドル/円を買い戻す動きが顕著で、米ドル/円の取引が増えています。それ以前は、ヨーロッパの金融危機の絡みで、ユーロ/円の取引がもっとも多かったようです。足元の2013年1~2月においては、米ドル/円の取引がユーロ/円の取引高を上回っているようです。

Q3.また、2013年度オリコン顧客満足度ランキングで、FX部門総合で第一位を獲得されましたね。FX取引をする顧客にとって最も重点的に努めているサービスや、御社の強みは何でしょうか?

A3.当社の強みとしては、取引コストが安いこと、そして操作が簡単且つ使いやすい高機能取引ツールをすべて無料で提供していることです。
当社では、社員の半分をシステムエンジニアが占めており、商品やサービスの企画・開発から運用・保守に至るまでを一貫して自社開発で行っています。これによりシステム開発コストやオペレーションコストを大幅に削減することができ、お客様に還元する方式で、取引コストの安さを実現しました。また、自社開発だからこそできる創意工夫にあふれた操作性の良いツールや、直観的でわかりやすいインターフェースを提供しています。
重点的に努めているサービスとしては、FX専用のスマートフォンアプリが挙げられます。他社よりも先駆けてアプリ開発に着手してきたことで、操作性の優れた高機能スマートフォンアプリの開発に成功しており、お客さまからも大変高い評価をいただいています。

Q4.業界最狭水準のスプレッドを提供されていますが、顧客の反応はいかがですか? また、これからも業界トップクラスのスプレッドが提供されますか?

A4.当社は設立当初からスプレッドを業界最小水準で提供しております。2012年から断続的にスプレッド縮小を実施してきましたが、お客様から大変高い支持をいただき、お陰さまで国内および世界でFX年間取引高第1位(2012年)となることができました。これからもお客様のご要望にこたえるために、業界トップクラスのスプレッドを提供し続けるように努力したいと思います。

Q5.どのような取引スタイルで売買されるトレーダーが多いでしょうか?また2013年は円安トレンドが続いていますが、トレーダーの取引スタイルに変化はありますか?

A5.一般的に、当社はデイトレードを主体とした短期売買の取引スタイルのお客様が多いイメージかもしれませんが、実際にはデイトレード主体の方から、長期投資やスワップ目的の投資スタイルの方まで、取引スタイルは多岐にわたります。2013年3月現在においてFX口座数は28万口座、FXの預かり証拠金も700億円近くあるので、あまり特定の取引スタイルに偏っていないように思います。
2013年以前は円高傾向が続いていたため、急激な円高時に外貨を購入して円安に戻したところで決済するという逆張りの取引スタイルが主流でしたが、2013年以降は円安トレンドが長く続いているため、先々の円安を見越した順張りの取引スタイルが増えたように思われます。

Q6. iPhoneのFXアプリをいち早く導入されましたね。国内のFX市場を牽引するほどのシステム開発力に並ならぬ企業努力を感じますが、どのような点を考慮して開発されていますか?

A6.当社では、商品やサービスの企画・開発から運用・保守に至るまでを一貫して自社開発で行っており、お客様からのご意見やご要望をすぐさま反映できる体制を構築しています。
賜ったご意見には担当者すべてが目を通しており、操作性や機能面だけでなく、配色やデザインの細部に至るまでこだわってアプリの開発を進めています。
FXは株に比べて取引時間が長いため、PCよりもスマートフォンアプリを活用する方の割合が非常に高いという特徴があります。当社のお客様においては、月間の取引人数で比較すると、スマートフォンアプリを利用してFX取引をしている方の割合は全体の約40%を占めています。

Q7.2013年3月にリニューアルされた、iPhoneFXアプリ「iClickFXネオ」の魅力を教えて下さい。

A7.「iClickFXネオ」の一番の魅力は操作性です。取引の中心となるトレード画面を軸とした機能配置により、スピード注文やチャート画面、マーケット情報などの必要な機能に流れるようにアクセスでき、初心者でも迷わない操作性を実現しました。
機能面では、チャートを見ながら1タップで注文できる「スピード注文チャート」です。iClickFXネオは、新規・決済・ドテン注文、同一通貨の全決済注文が1タップで可能な「スピード注文チャート」を搭載しています。
特筆すべきは、PCに匹敵する豊富なテクニカル指標です。iClickFXネオでは全12種類の足種類に加え、外出先でもPCと同様の取引環境を実現していただくため、移動平均線やボリンジャーバンドなどの基本的な指標をはじめ、MACDやRCIなどの本格的なテクニカル分析にも対応しています。 スマートフォンアプリはPCのおまけではなく、それのみですべての取引を完結できるレベルの高い完成度であると自負しています。

Q8.「iClickFXネオ」おすすめのテクニカル指標、トレンドライン描画はありますか?

A8.テクニカル指標で一番おすすめの機能は、複数のテクニカルを同時に表示できる機能です。トレンドラインの描画を組み合わせることで、エントリーや決済のタイミング、相場のトレンドをより詳細に見極めることが可能です。
スマートフォンでトレンドラインを正確に描くことは難しいと考えられていましたが、iClickFXネオは狙いどおりに描画ができます。iPhoneのスムーズな操作性をそのままに、ピンチイン/ピンチアウトでチャートを拡大/縮小することが可能なので、虫メガネ画面で始点を確認しながら狙ったところにトレンドラインを引くことができます。また、ローソク足の安値/高値に吸い付くマグネット機能があるため、思い通りのライン描画と相場分析が簡単にできます。

Q9.顧客の年代や性別の割合はどのようになっていますか?

A9.FX取引については男性の割合が80%を超えています。年代としては、30歳から45歳くらいの方の割合が高いですね。

Q10.今後展開する予定のサービスはありますか?

A10.FXではないですが、海外の株式CFD(アメリカ、中国)を予定しています。

Q11.これからFXを始めてみたいと考えている初心者へのアドバイスをお願いします。

A11.いきなり自己資金を投じてFX取引を始めるのではなく、まずはデモ取引でしっかり慣れて、FXの仕組みを理解してから本格的な取引に挑戦するのがよろしいのではないでしょうか。株には上場廃止や倒産といった『終わり』がありますが、FX取引には『終わり』はありません。為替市場が存在する限りはずっと続いていく商品です。あまり焦って早く始める必要はないので、ゆっくり経験や知識を積んでから挑戦しても遅くはありません。

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券
スプレッド
米ドル円
0.3銭原則固定
通貨単位 10,000通貨単位
通貨ペア 19通貨ペア

GMOクリック証券は、スプレッド、スワップポイントともに業界最高水準のFX会社!高機能プラチナチャートに加えて、iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、携帯アプリにおいても業界の最先端を引率しています。ニュース配信が非常に多いのも魅力で、24時電話サポートに対応するので、初心者でも安心して取引できます!

口座開設をする